学び塾 深学校

三学期の学習ポイント〜中1・英語編【岡谷・下諏訪の成績が伸び悩む中学生と保護者様へ】

 
三学期の学習ポイント 中1英語
この記事を書いている人 - WRITER -
学び塾深学校 塾長 森下健祐

こんにちは。長野県岡谷市にある
勉強苦手な子のための、〔成績アップ専門塾〕
学び塾深学校の塾長・森下です。

ブログを覗いてくださり、ありがとうございます。

英語が思うようにできない・・・

先日「三学期の学習ポイント〜中1・数学編」を作りましたが、今回は「中1・英語編」です。

英語が思うようにいかない・・・伸び悩みに、頭を抱えている1年生と保護者様、いらっしゃるのではないでしょうか。このブログ記事が、英語が伸び悩むお子様の力に、わずかながらでもお力になれれば幸いです。

この記事は、4年前にアメブロで作ったこの内容をもとに、4年間の指導経験も加えて再編集しました。

いったい、どこでつまずいているの??

学校英語で重視されるのは、文法です。ですから、ここでも文法説明を!・・・と言いたいところですが、単なる文法説明はどの教科書でも、参考書でも同じことを言っています。このブログで同じ文法説明をするのは意味がないかな、と(^^;)
ですから私が指導してきた経験のなかで、子どもがけっこうつまずきやすいポイントを、ここでは述べていこうかと思います。

アルファベットが1つ違うだけで減点・・・

英語1

まず知っておきたいのが、学校英語は「重箱の隅をつつく」ような性格を持つ教科であること。

文法重視ですから、ちょっとした間違いだけで、テストでは減点になってしまいます。たとえば、アルファベットが1文字抜けていたり、語順が1か所だけ逆になっていたりなど。英会話であれば、文法どおりに話さなくても意味が通じることは多々あります。私たちがふだん使う日本語(国語)での会話、文法をこまかく気にしていますか・・・?いませんよね。少し文法が間違った会話をしても、相手には通じるものです。

ですから「アルファベットが1文字違っているだけだから、大目に見ても・・・」とは、正直私も思うことがあります。しかし現実には小さなミスで減点となりますから、「正確さを求める意識」は持っておきたいですね。

中1の三学期に習う英語①”現在進行形”

では、中学1年生が三学期に習う英語を、具体的に挙げていきます。まずは”現在進行形”。

「今~しているところだ」と、まさに今、動いている様子をあらわすときに用いる形です。

be動詞+動詞のing

であらわします。例えば、次のような文です。ピンク字部分のところが、現在進行形の型です。

He is playing the guitar now.
(彼は今、ギターを弾いているところです。)

注意点・・・”ing”ばかりに意識を向けていたら、つまずく!

現在進行形の一番の特徴は、動詞のing です。そのためか、ing形を単語練習で何度も書いたりして、一生懸命覚えようとする子は多いです。しかし、ここに落とし穴が・・・現在進行形は、動詞のing形だけでは作れないんです。もう一度、文の型をお伝えすると、

be動詞+動詞のing

ing形の前に”be動詞”がつくんです。be動詞とは中学英語で最初に教わる”is”や”am”、”are”のこと。このbe動詞を忘れやすいんです。たとえば、よく見られるミス・パターンは次のようなもの。

He playing the guitar now.

“is”が抜けてしまってます。これでは現在進行形にはなりません・・・ついつい「動詞のing形」を覚えることに意識が向いてしまいがちですが、be動詞の存在を忘れないことが最大の注意点だと、私は思います。

単語”now”も覚えましょう

英単語で必ず覚えておきたいのがnow(今)という単語。nowという単語があるから、「現在やっているところ」ということが分かります。

今後の英語では”過去形”という文法を習います。「現在を表す英文なのか、過去を表す英文なのか」を読み分けることは、中学2年生以降の英語で重要なカギとなってきます。その読み分けをする方法の一つが、nowという単語です。現在進行形を教わるこの機会に、必ず覚えておきたい単語の一つですね。

中1の三学期に習う英語②・・・助動詞can

中学1年生の三学期に習う英語では、助動詞というのが初めて出てきます。具体的には”can”という助動詞です。「できる」という意味があります。アメリカのオバマ前大統領が

“Yes , we can !”

と言っていたのでも、お馴染みかと思います。

注意点・・・canの後は「動詞の原形」がくる!

助動詞canは、文法的には次のようは型をとります。

can動詞の原形

これで「~することができる」という意味になります。動詞の原形部が「~すること」の意味になりますね。


He can play the piano.
(彼はピアノを弾くことができます。)

ここで出てくる「動詞の原形」とは、-s とか -ing がついていない、動詞のもともとの形です。ここで注意点!この「動詞の原形」を、子どもは忘れやすいんです。

「canはできるって意味なんだ」

canの意味は、大半の子はちゃんと答えられます。問題は、canを使った英文を作るとき。動詞の原形部を抜かしてしまったり、上で述べたing形を使ってしまったりするんです

よく見られる間違いパターンは、次のようなものです。

He can the piano.(弾くを表す、playという単語が入っていない)

He can playing the piano.(現在進行形と、ごちゃ混ぜになっている!?)

2年生以降ではcan以外の助動詞も出てきますが、作る型はcanとまったく同じです。すなわち「動詞の原形」は、これからも頻繁に出てきます。慣れておきたいところですね。

まとめ・・・メインの文法ばかりに気を取られると、ミスの元。

ここまで現在進行形と、助動詞canについて述べてきましたが、英語につまずく子に共通することがあります。何かといいますと、

新しく教わる文法ばかりに気が向いて、

以前習った文法がおろそかになってしまう

英語は、積み重ね教科です。新しく習う内容であっても、以前習ったことを使います。ですから、これまで習ったすべてが習得できていないと、なかなか上手くいかないんです。ある意味、応用ばかりの教科ともいえます。新しく教わる文法ばかりに気を取られず、これまで教わってきたこともちゃんと習得できているか。これはホントに重要ですよ(^_-)-☆

今回もお読みくださり、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
学び塾深学校 塾長 森下健祐

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学び塾 深学校 , 2019 All Rights Reserved.