学び塾 深学校

1教科だけを徹底的に学んでみる【岡谷・下諏訪の、成績が伸び悩む中学生と保護者様へ】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
学び塾深学校 塾長 森下健祐

こんにちは。岡谷市・下諏訪町の

勉強苦手な子のための、〔成績アップ専門塾〕
学び塾深学校の塾長・森下です。

ブログを覗いてくださり、ありがとうございます。

どんな子でも「これが一番学力伸びる!」という方法

学び塾深学校は《成績が低迷する子のための塾》としてやっていますが・・・私がこれまでいろんな子の指導を経験してきて「これが一番伸びる!」という方法があります。知りたいです・・・よね?

その方法は実にシンプルです。何かといいますと・・・

得意な1教科を徹底的にやる!

これです。

・・・え、1教科だけ?

思わずそう感じてしまう方、いらっしゃるのではないでしょうか。

「そりゃあシンプルだし、1教科だけなら伸びて当然でしょ。でも他の教科も低いから、どうにかしてほしいんだけど・・・それが塾じゃないの?」

そんな親御さんからの声が、聞こえてきそうです。いや、実際にそう言われたこと、何度もあります。しかしこれが実は、想像以上の学力アップにつながる可能性を秘めているんです。

1教科の勉強に徹底することを勧める理由は、2つあります。

理由①成績上位の子と違って、器用に勉強をこなせない

1つ目の理由は、成績が低迷する子は複数教科をバランスよく、器用に学んでいく力は、成績優秀生と比べるとやはり劣りがちだからです。

国語・数学・英語・理科・社会と、すべてをバランス良く勉強できる中学生は実際にいます。なかには主要5教科だけでなく、スポーツや芸術系も万能な子も・・・羨ましくなりますね(^^;)

テスト100点

その一方で、どの教科も成績が低迷する中学生がいることも、これまた確かです。

困る女の子

低迷する要因として考えられるのは、まず単純に勉強をやっていないこと。これは当たり前ですね。しかし中学生に実際多いのは、勉強自体は取り組んでいるにもかかわらず成績が低迷してしまうことです。特にすべての教科が低迷している子には、一応すべての教科の勉強に手はつけているけれども、すべてが中途半端になっている・・・という傾向が強いです。勉強の質が浅い・薄いとでも表現できましょうか。せっかく勉強しようとしているのですから、質を高めていかないとなりませんね。

勉強の質を高めるために、一番手をつけやすい方法。それが「教科を1つに絞ること」です。複数教科を中途半端に勉強するよりも、1つに絞ったほうが子どもにとっても目標を持ちやすく、行動しやすくなります。

理由②成功体験で、やる気が大きく上がる!

そして2つ目は、1教科でも「勉強したら上がったという経験」「成功体験」をすることで、子どものやる気が大きく引きあがるからです。私がこの投稿で1教科を徹底的に学ぶことをお勧めする一番の理由が、これです。

不思議なことに、1教科だけでも点数を大きく伸ばすことができた子は、他の教科も上げていく傾向があるんです。

たとえば今年の二学期中間テストで、一学期末テストより5教科総合60点アップを成し遂げた、中学2年の宮坂くんという生徒がいます。

宮坂くん

※本人と保護者様の許可を得て掲載しています。

宮坂くんは今年春に入塾してから何をやっていたかというと、理科だけに勉強の大半の時間・エネルギーをかけていました。塾の授業では2時間半の授業時間のうち2時間を理科、残り30分を英語、という感じで、明らかに教科ごとの学習バランスは悪い。しかし二学期中間テスト・・・理科が上がったのはもちろんですが、理科だけで60点アップはしていません。他4教科もすべてアップしての結果です。

“1教科の成績アップが、他教科も巻き込んで相乗効果をもたらす事例、けっこうあります。「理科を上げることができたんだから、他教科もやればできるはずだ!」といった自信が、子どものなかに芽生えてくるんですね。成功体験は子どものやる気を上げる、強力な燃料となります。ちなみにご紹介した宮坂くんは、こちらが何も言わずとも理科に限らず他教科も、自分から勉強し始めています。成長のレールに乗っています。こうなれば、占めたものです(^^)

なぜこのお話をしたかといいますと、先週末《不登校の子の支援を学ぶセミナー》に参加したときに、不登校の子の学習サポートには「1つの得意なことを徹底的に学んでもらう」ことが一番有効だという話があったんです。上で述べたことと、まったく同じです。不登校の子も、成績は低迷していることがほとんどですからね。不登校支援に関しては勉強以外の要素もたくさんありますから、ここではこれ以上述べませんが、あの教科もこの教科も・・・と手を出すよりは、1つの教科に徹底集中したほうがプラス効果が出やすいことは、やはり確かかと思います。

1つの教科に絞ることは、けっこう勇気がいるものです。ですがお子様の成績が本当に低迷しているようであれば、検討に値する勉強方法ですよ(^_-)-☆

お読みくださり、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
学び塾深学校 塾長 森下健祐

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学び塾 深学校 , 2018 All Rights Reserved.