学び塾 深学校

“令和”を生きていく子のために【岡谷・下諏訪の、小・中学生の保護者様へ】

 
令和発表
この記事を書いている人 - WRITER -
学び塾深学校 塾長 森下健祐

こんにちは。長野県岡谷市にある
勉強苦手な子のための、〔成績アップ専門塾〕
学び塾深学校の塾長・森下です。

ブログを覗いてくださり、ありがとうございます。

新元号が決まって

本日、新しい元号が“令和”と決まりました。

この元号には

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」(安倍首相談)

という意味が込められている、とのことです。

ここでいう「人々」とは、決して日本人だけではないでしょう。これから海外の人々と交流することが、今まで以上に増えてくるはずです。世界中の人たちと心を寄せ合って、文化を生んでいく。そんな時代が“令和”なのかなと、おぼろげではありますが想像します。その“令和時代”の主役となるのが、今の子どもたちです。たとえば今年14歳になる子は、令和10年(2028年)に24歳、令和20年(2038年)に34歳。社会の担い手です。

今でさえ世の中は目まぐるしく変化して、想定外と言われていたことが普通に起こっています。令和20年となる頃には、いったい世の中はどうなっているのでしょうか。一つだけ言えるのは、今まで以上に激動となるであろう“令和時代”を、今の子どもたちが支えていくということです。子どもが未来を生き抜いていくために、今、何を与えていけるのか…元号が変わるこの機会に考えてみるのも、良いのではないでしょうか。

お読みくださり、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
学び塾深学校 塾長 森下健祐

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学び塾 深学校 , 2019 All Rights Reserved.